チャリティー

米山郁生先生を通じてのチャリティー活動

米山 郁生先生
日本表現派代表
グループ青焔 主宰
スペシャルオリンピックス日本・愛知 副理事長

絵から心を読み解き、障がいを持った人、登校拒否、自閉症、
子育ての問題等をカウンセリング。
アートセラピー等の活動を各種大学、小牧を始め日本各地、スリランカでも開催。

グループ青焔に支援
青焔美術研究所を中核とし絵画指導に携わるかたわら、様々な社会奉仕活動を50年程継続して活動しているグループ青焔を支援。 スリランカ養護施設、国立精神病院、スペシャルオリンピックス日本・愛知、全国各地への講演活動への支援。
セカンドハーベストと名古屋を支援
食料品を障がい者、母子家庭、児童養護施設、働きたくても働けない高齢者、等社会全体で支えなくてはならない弱者のためにフードバンクによって活動している団体への支援。
アートセラピーによる子育て支援
障がいを持った人々、問題を持った人々、子育ての悩み等、様々な問いかけをアートセラピーによって相談を受ける。これまで多くの問題を長年に渡って対処。登校拒否、いじめ、進学、等。
スペシャルオリンピックス日本・愛知への協賛
知的障がいのある人達に年間を通じ、オリンピック競技種目に準じた さまざまなスポーツトレーニングと競技の場を提供し、参加したアスリートが健康を増進し勇気をふるい、喜びを感じ、家族や他のアスリート、そして地域の人々と才能や技能、友情を分かち合う機会を継続的に提供する団体の4月に開催されるジョギングフェスティバルに協賛。

2017年開催 第7回ジョギングフェスティバルの様子

希望会への協賛
愛知県内の精神障がい者とその援助にたずさわる人達が、スポーツや文化事業話通じて親睦を図りながら、精神障がいに関する知識と普及につとめ、自立と社会参加をめざす事を目的としている団体への協賛。

東北復興への想い

東北大震災 被災者支援

これまでに45箇所

ダンボール4800箱

発生直後から現在に至り継続して支援現地の状況を調査し各地の要望に答え、食料品、衣料、日常消耗品を送る。